【武将ワールド】恐怖でウンコを漏らした徳川家康の黒歴史の真実とは

この記事は3分で読めます

【武将ワールド】恐怖でウンコを漏らした徳川家康の黒歴史の真実とは

あわせて読みたい記事:【武将ワールド】どうする徳川家康の明らかになった最新実話の詳細

あわせて読みたい記事:【武将ワールド】ヤンキーから天才戦国覇王へ・織田信長の最新資料

あわせて読みたい記事:【武将ワールド】織田信長の勘違いが大勝利の桶狭間の戦い最新資料

2023年のNHK大河ドラマは、「どうする家康」。主人公は「徳川家康」です。家康が江戸幕府を開いたるの知っているのは知っているものの、実際に何をしたのか詳しくは知らない方も多いようです。そこで今回の「TimeMachineMuseum」では、「徳川家康」の黒歴史の真実が明らかになったということについてまとめてみました。


「徳川家康のプロフィール」

  • 出身地:三河、現在の愛知県
  • 生年月日:1542年12月26日
  • 死亡年月日:1616年4月17日享年75歳(病死)
  • 運命の戦い:関ヶ原の戦い

「奴隷状態だった幼少期から織田信長時代」

あわせて読みたい記事:【武将ワールド】徳川四天王の筆頭とされる酒井忠次は最強天才軍師

徳川家康は三河現在の愛知県の岡崎城城主の松平広忠の長男として生まれた。松平広忠は駿河、現在の静岡県の今川氏、尾張、現在の愛知県の織田氏に挟まれ弱い立場だった。そのため家康は広田だが今川氏に従う証として6歳で人質に出された。しかし、かわいそうなことに家臣の裏切りによって織田氏の人質となってしまっています。その2年後、私と今川氏とのあいだで人質を交換することになり、家康は今川氏の人質となった。今川家では、家庭教師に学問を教わるなど大事にされる一方、三河の厄介者と悪口もいらんと言われた19歳の時、今川義元が桶狭間。愛知県で織田信長に討たれ、家康は自由の身となったのでした。信長は早速、家康と協力関係清須同盟を結んだものの、実際には家康が信長に従う関係だったのです。なんとこの関係は信長が死ぬまで約20年間も続いたのでした。


「裏切りのインポスターによって、またも奴隷状態」

徳川家康は、何度も織田信長と協力して合戦に臨んだのでした。姉川の戦いでは、浅井朝倉連合軍を破り長篠の戦いでは、武田勝頼を破っています。三方原の戦いが大敗したこともありましたが、徳川家康は領地をだんだん広げていったへ徳川家康の長男、徳川信康は織田信長から裏切り者とされ、切腹を命じられます。徳川家康はそれでも織田信長に従い続けたのでした。織田信長が本能寺で倒れた時、徳川家康は東海地方を中心に開現在の山梨県や信濃、現在の長野県まで収める大名に成長していました。織田信長の後を継いだ、豊臣秀吉が天下統一に名乗りを上げるとこれに不満を持った、織田信長の次男である織田信雄が徳川家康を頼ってきます。豊臣秀吉を倒せば天下を取れると考えたのです。徳川家康が織田信雄に協力し、小牧・長久手で秀吉と戦いました。徳川家康は豊臣軍に勝っていましたが、途中で信勝が勝手に秀吉と仲直りしてしまったのでした。徳川家康は仕方なく、秀吉と仲直りし、以後は秀吉に従うことにしたのです。


「奴隷解放から一気に天下を取り大将軍へ」

1590年豊臣秀吉が天下統一を果たすと徳川家康は関東地方を収めるよう命じられます。京都からは遠ざけられたものの、この命令に従うことによって広い領地を収めることで力を養っていったのでした。その後、病気になった豊臣秀吉は徳川家康にまだ6歳だった、息子の豊臣秀頼を助けてくれるように頼んで死んでしまいます。この時、57歳になっていた徳川家康はようやく天下取りに動き始めたのでした。石田三成に反発する大名たちを自分の仲間に引き込み大きな勢力を作っていったのです。そして1600年の関ヶ原の戦い、そこで石田三成が中心となった西軍に勝利すると、3年後に徳川家康は征夷大将軍将軍となり、江戸東京都に幕府を開いたのです。その2年後、息子の徳川秀忠に将軍職を譲ったものの、徳川家康は豊臣家が存在していることが心配でした。1614年、徳川家康は豊臣秀頼に戦いを仕掛けると翌年の大阪夏の陣で豊臣家を滅ぼしたのです。こうしてすべての敵を倒した後、徳川家康は病気によって倒れることになりました。


「恐怖でウンコを漏らしたことがある徳川家康」

  • 三方原の戦い
  • 武将:武田信玄
  • 武田軍戦力:約2万7000人
  • 武将:徳川家康
  • 徳川軍戦力:約11,000人
  • 勝者:武田軍

1572年、天下統一を狙う甲斐、現在の山梨県の武田信玄は、約2万7000人の大群で京都へと向かった。そして徳川家康の領地遠江現在の塩静岡県に入ってきたのでした。徳川家康が同盟を結んでいたのは織田軍。織田信長に助けを求めたものの、応援はなかなか来ませんでした。翌年、武田信玄は三方原まで進軍してきました。これを知った徳川家康は、「黙っていては武士としては恥ずかしい。」と武将として応戦の動きを見せます。徳川家康は約11,000人の兵士を集めて、武田軍を追いかけたのです。しかし、この動きを予想していたのは百戦錬磨の武将・武田信玄でした。そして、武田軍は引き返して徳川家康の軍勢を待ち構えることにしたのです。徳川軍が現れると山形昌景に猛攻撃をさせる指示を出します。たちまち徳川軍は総崩れとなりました。この武田信玄の戦法と戦力に徳川家康は恐怖で大便を漏らしたということです。そして、大便を漏らしながら浜松城に逃げ戻ったというのです。さらに徳川家康は帰るなり、城を開け放ち門の前で火を焚き、太鼓を鳴り響かせたんぽでした。この出来事に対して武田軍の追ってきた山県昌景らは何かわながあるのではと考え引き返して行ったのでした。こうして、徳川家康は死を免れることができたのでした。

三方原の戦いの流れ

  • 1:徳川軍が武田軍を追っていく。武田信玄は軍を率いて徳川家康の領地を震源した。これに起こった徳川家康が軍を率いて武田軍を追いかけることにした。
  • 2:武田軍が引き返す徳川家康が追いかけてくることを予想していた。武田信玄は引き返して徳川軍を待ち構えていた。そして徳川軍が現れるとすぐに攻撃を仕掛けた
  • 3:徳川家康が戦場から逃げる。武田軍の激しい攻撃で徳川軍は総崩れになり、徳川家康は命辛々浜松城今の静岡県へと逃げ帰ったのでした。この際あまりの恐ろしさに徳川家康は大便を漏らしたと言うことです。そしてこの時徳川家康は試練に逃げ帰った時、自分の情けない姿を描かされることにしました、そして、かっとなったら、この絵を見て自分を抑えることにしようと冷静さを取り戻すことができるようにしたのでした。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

管理人:TMM

管理人:TMM

未来に残したい、繋げたいをテーマに日々を過ごすことに夢中。そのテーマに自然界、歴史、科学、教育など、あらゆる方面から未来と過去を行き来出来たら、現在どうなっているか、これから先どうなるのか気になることが多く、今更ながら様々な分野を勉強中。