【李牧】キングダムの最強の趙国の三大天のエピソードを簡単に解説

この記事は4分で読めます

目次

【李牧】キングダムの最強の趙国の三大天のエピソードを簡単に解説

あわせて読みたい記事:【嬴政/えいせい】キングダムの吉沢亮の秦始皇帝の年表と伝説を解説

あわせて読みたい記事:【信/李信】キングダム主人公の将軍に至るまでの経緯と年表を解説

あわせて読みたい記事:【羌象/きょうしょう】山本千尋が羌瘣に全てを教えた蚩尤族を演じる

新作が期待されている映画、「キングダム」。振り返ると2019年にシリーズ一作目が公開されましたが、公開されると興行収入は公開された実写邦画作品の中で1位を獲得しました。それから3年後、「キングダム2 遥かなる大地へ」が公開され前作を超える圧倒的な映像体験で数多くの驚きをもたらして再び大ヒットを記録しました。興行収入はやはりその年の邦画実写作品の中で1位を記録して、なんとシリーズ累計では100億円をすぐに突破しました。

そして前作に続いて、今年2023年の夏に新作の「キングダム3 運命の炎」が劇場公開されます。注目は趙国の三大天の「李牧(りぼく)」です。中華の中で知力、武力ともに能力が高く肩を並べることのできる者はいないとまで言われている武将です。秦国の大王である「嬴政(えいせい)」が中華統一を目指す中で最大の敵将となることでしょう。そこで今回の「TimeMachineMuseum」では、趙国の三大天の「李牧」のキャラクターや背景に見る栄光と没落に注目したいと思います。


「趙国の三大天の李牧のプロフィール」

  • 武力:91
  • 知力:100
  • 指揮力:99
  • 経験値:S

「趙国の三大天の李牧の栄光と没落」

あわせて読みたい記事:【キングダム】龐煖(ほうけん)は、なぜ武神となり無敵キャラなのか

趙国の元宰相。元は匈奴と接する趙国北部の都市である雁門を守っていた将軍で、その活躍が趙国の邯鄲まで届いたことで、趙三大天に抜擢されました。戦術戦略においては中華に並ぶ者はいない絶対的な存在です。「李牧」は個の武力も高い武将として登場しています。知略型の武将ですが、本能型の武将を研究して、その仕組みを解析し、自軍に取り入れるなど練兵も優れています。過去の過ちから戦を嫌い、平和を何より望んでいる人物でもあります。戦場で「龐煖(ほうけん)」に命を救われた過去もあります。趙三大天に抜擢された後、すぐに秦国の大将軍「王騎(おうき)」、燕国の将軍「劇辛(げきしん)」を倒し、合従軍を起こして秦国を滅亡寸前に追い込むなど、中華の中心人物となります。「嬴政(えいせい)」の中華統一の夢は悲劇の道だと断じました。そして、このことに反対、返り討ちにすると宣言しました。その後、秦国の趙国の鄴攻略戦では、王都軍の協力がない中、自軍と「尭雲(ぎょうん)」の軍、「趙峩龍(ちょうがりゅう)」の軍で「王翦(おうせん)」を朱海平原で迎撃しました。そして、「王翦軍」を兵糧攻めにする戦略をします。

朱海平原では、「王翦」と戦略面で互角以上の戦いをしますが、秦国の「信」ら若い将校たちの覚醒を読み切ることができず、撤退に追い込まれました。その後、「王翦軍」を趙国の鄴に閉じ込めた上で兵糧攻めに切り替えました。しかし、斉国からの支援によって失敗します。敗戦の責任を負って処刑されるところでしたが、趙国の「とうじょうおう」が急死したために出獄しました。名君と名高い「嘉太子」の下で国の立て直しを計るものの、先王の遺言によって王位を継承したのは暗君の「遷」でした。「遷」に従う大臣である「郭開」の命によって「李牧」は邯鄲を追放されてしまいます。こうしたことゆえに趙国の行く末に「李牧」は絶望感に満たされます。しかし、「カイネ」や「舜水樹」の支援で心機一転。邯鄲を脱すると、邯鄲から遠い青歌の地で力を蓄え、復権の準備を行います。


「最新作のキングダム3 運命の炎の押さえておきたい見どころのポイント」

あわせて読みたい記事:【紫夏/しか】杏がキングダムの闇商人役で吉沢亮と名シーンを熱演

映画キングダムの注目のポイントは下記のような感じかと思います。

シリーズ3作目となる最新作が2023年7月28日金曜日に公開されるとのことです。

そして新作のタイトルは、「キングダム3 運命の炎」というものです。

実のところ、この規模の超大作としては、異例となる2年連続での公開となると言うことです。前作で映画館に駆けつけたファンの盛り上がりは継続中です。その中、再び暑い夏に公開されると言うのです。

そして、注目は今回の最新作で描かれるのは「馬陽の戦い」と「紫夏編」ということです。

キャラクター人気ランキングの中でも、最も人気のある「王騎将軍(オウキショウグン)」の戦闘と「嬴政(エイセイ)」の命の恩人について描かれているため、大迫力のシーンと悲しみの涙と人間の心の強さなど楽しみな内容となっていると思います。

そして映画はキングダムの柱、魂とも言える「なぜ、中華統一を目指すのか」というテーマに挑戦し続けています。


「新作映画に向けてキングダムのあらすじストーリーを振り返る」

あわせて読みたい記事:【羌瘣きょうかい】キングダムの巫舞能力の秘密や目標達成について

まだ1度も統一されたことがない、7つの大国が戦いに明け暮れていた春秋戦国時代と言われた時代が舞台です。

主役の信(シン)は、「山﨑賢人」さんが演じておられます。

この信は、戦争孤児として育っていますが、ともに夢を追いかけなくなった親友と同じ姿をした、秦の国王に出会います。

この国王は嬴政(エイセイ)で、「吉沢亮」さんが演じておられます。

信は国王である嬴政と出会い、信の人生はターニングポイントを迎えます。運命に導かれるように、中華統一への道を駆け抜けることになっていくのです。

そうした中にあって、「橋本環奈」さんが演じておられる、河了貂(カリョウテン)や「長澤まさみ」さんが演じておられる、楊端和(ヨウタンワ)の力を借りて、亡くなった親友と約束した「天下の大将軍になる」という約束を叶えるために、長く険しい道を歩んでいくことになったのです。

そして、信にとって初陣となる蛇甘平原の戦いで、羌瘣(キョウカイ)に出会います。

この羌瘣(キョウカイ)役は、「清野菜名」さんが演じておられます。

そして、この初陣となる戦いで信は、武功を挙げることになります。そして100人を率いる将へと昇格して、夢への道を進み始めることになったのです。しかし、そのような中、突如として趙(ちょう)が大群を率いて侵攻してきたと言う報告がありました。これに対して秦の軍というのは、寄せ集めの兵で構成されていました。この状況で趙の大軍を馬陽(ばよう)で迎え撃つことになるのです。圧倒的に不利と思われる中、秦の国王である嬴政は、大きく戦局を動かそうとします。

それは、かつて中華全土に名を轟かせた、「王騎」将軍を総大将に任命するのです。

今回、この「王騎(オウキ)」将軍を演じるのは、前回に続き、「大沢たかお」さんです。

しかし、不思議なのは「王騎」将軍は戦場離れていたのに戻ってきたということです。それで、なぜ「王騎」将軍は、戦場に戻ってきたのか?そして、因縁の地である馬陽で彼らを待ち受ける運命とは、どのようなものなのかということが描かれます。こうして、新たな信と仲間たちの夢を賭けた戦いが始まります。2023年7月28日(金)の映画公開を楽しみにしたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:TMM

管理人:TMM

未来に残したい、繋げたいをテーマに日々を過ごすことに夢中。そのテーマに自然界、歴史、科学、教育など、あらゆる方面から未来と過去を行き来出来たら、現在どうなっているか、これから先どうなるのか気になることが多く、今更ながら様々な分野を勉強中。